中国酒情報まとめ

白酒が買える場所「アメ横」へ行ってきました。

白酒飲みたいなぁ

とふと思いたったのですが、白酒は紹興酒以上に入手場所が限られます。ネットで買えばいいのですが、昨日たまたまアメ横へ行く機会があったのでついでに購入しました。

こちら↓↓↓

瀘州老窖(泸州老窖)ルージョウラオジャオ
四川省の白酒で濃香型の中でも王道タイプの風味。個人的にも好きな白酒のひとつ。写真のものは二曲といってランクでいうと次点のもの。最もいいものは「特曲」といい、価格は数倍する。違いは、味、香りなど20項目ほどある評価基準の点数によってランク付けするらしい。白酒の歴史は数百年というそれほど長くはない中で、最も古い窖(発酵させる穴蔵のようなもの)は400年の歴史があるという。

アメ横は中華食材屋さんが豊富。そういう場所へ行けば最低でも1つは置いているはずです。

僕は地下の中華食材店が勢揃いしている場所の、階段降りたすぐ右手にあるお店「新井商店」で買いました。地上にあるお店よりは多少安くなっていました。種類も結構豊富。紹興酒も通常のスーパーでは入手できない銘柄を多数置いています。

このあたりのサイトさんにレポートがありますね。ご参考までに。

アジア食材の宝庫!ディープなアメ横地下食品街を探検しよう

上野の人気観光地アメ横にあるディープスポット、「アメ横センタービル地下食品街」をご存知ですか?日本のスーパーにはない、アジアの調味料や珍味などがたくさん販売されています。雰囲気もアジアの市場そのもので、日本にいながら海外旅行気分を味わうことができるんですよ。今回は、そんなアメ横センタービル地下食品街について詳しくご紹介していきます!

上野のディープスポット「アメ横センタービル 地下食品街」に行ってみよう!|ちくわ。

「上野のディープスポット「アメ横センタービル 地下食品街」に行ってみよう!」の記事です。上野のアメ横といえば、平日休日を問わず多くの人々が買い物に訪れる人気のショッピングエリア。下町ならではの活気にあふれた掛け合いが楽しい場所です。そんなアメ横の入り口にある「アメ横センタービル」は、たく…

階段降りたら2秒でアジア。アジア食材・調味料が揃う「アメ横センタービル・地下食品街」

今、東京でも屈指の多国籍タウンになりつつある「アメ横」。今回は、色々な国の様々なエッセンスが薫る商店街の中でも、とりわけホットなスポットとして注目を集めている「アメ横センタービル・地下食品街」をご紹介します。まさに、階段降りたら2秒でアジア!アジアの食材探しなら、まずアメ横センタービル・地下食品街で間違いないでしょう。もちろん買い物はしなくても、ただただアジアの薫りと、ムードを味わうだけでも…

白酒も面白いお酒なのですがあまり見向きされていないのが寂しいところです。中国でつらい思いをされた方が多いし、確かにこの強烈さは他のお酒にはないレベルです。。。

ただ、SNS非公開の白酒会があったり、僕も前職で白酒の会を開催したときに20名ほど集まったりと、興味のある人はいるんです!ちゃんと味わって飲めば美味しさもわかってくるはず!

国内で他に白酒を入手するとしたら、横浜の中華街だったり、池袋や大久保あたりにもあると思います。それはまた行ったときに。

さて、どうやって飲もうかなぁ。今晩は某中華料理店の新作お披露目会に参加することになっているので行ってきます!

▼後日、白酒を冷凍庫に入れてキンキンに冷やしてみました!