ひとり中華

御徒町ひとり中華6『蜀郷閣』中国大陸系の町中華で昼から紹興酒を楽しんできた

ひとりでぶらりと紹興酒飲みに行きたいなぁ

という想いから、気軽に立ち寄れる中華料理店巡りを始めました。その記録です。
中華だけでなく、タイ料理店や大衆居酒屋など、アジアン全般巡れたらと思っております!

紹興酒好きなみなさんや、紹興酒を飲んだことがない方でもお酒が大好きで「飲んでみたい!」という方のお店選びのご参考になれば幸いです。

行ったお店「蜀郷閣」(御徒町)

今回は御徒町。GWにこの街にある都市型ワイナリーへ見学へ行きまして、その帰りに2軒はしごしました。(それはそれでまた別途まとめたいと思います)まずは1軒目。

実はせんべろ店としても有名な「日吉屋」さんに行こうと思ったのですが、なんとGW最終2日が休み。。。よりによって。。。めげずに調べてみると系列店があるとの情報が。そのお店がこちら。

年季の入った建物。狭い路地裏にある中華居酒屋です。御徒町駅北口より徒歩すぐ。目の前のラーメン屋さんが人気のよう?行列ができていました。そんなことはお構いなし、赤提灯が大好きでつい釣られてふらふら寄っていってしまうのは飲兵衛の性(さが)。

13時頃に入店したときは他に1~2組ぐらいしかお客さんがおらず、広々としていましたが、このあと次々と席が埋まっていき、なんと満席に。サラリーマンの方々が多かったです。GW関係なし。お疲れ様です。。

1人完全に観光気分で浮かれた男。ランチの注文殺到する中、紹興酒でせんべろしようとしてるオンリーワン。

300円台の料理がこれだけあるとまた来ようという気持ちになってきます。1人だとそれほど量は食べられません。せいぜい2品。あれも食べたい、これも食べたい。食欲がぐんぐんと湧いてきます。

肝心の紹興酒は値段が書いてありませんが、1杯325円です。大好きな干し豆腐の和え物と共に注文します。

干し豆腐、てんこもり!!

逆に、紹興酒は若干少なく感じます。300円で欲張るなって話ですが・・・飲食店経験者としては、グラスを変えた方がいいんじゃないかと勝手にコンサル。胴幅が広いグラス使うのであればたっぷり入っていないと魅せられないですね。100ccぐらい入っていたとしても少なく感じて損した気分になってしまいます。なんて偉そう。。すみません。。もったいないなと。

ラム舌とセロリの炒めも追加。これはもう紹興酒との相性、最高でしかありません!!いつまでも噛んでいられるラム舌の食感と、滲み出てくる味わい。砂肝に近いかな。一緒に炒められた緑の野菜をピーマンと思って齧ると、痛い目を見ます。正体は青唐辛子。でもこの辛さもまた酒が進みます!ちなみにこのとき紹興酒は早々2杯目(笑)

嬉しかったのは、一皿の量がかなり多いのと、お通しがないということですね。あと、昼間だけかもしれませんが全卓にお茶がポットで置かれているのでチェイサーに困りません。このあとそれほど酔わなかったのは、お茶のおかげだと思います。

カウンター席はありませんが、4名テーブルに堂々一人でも気兼ねなく楽しめたのは中国人スタッフさんが運営するお店だからかもしれません。

料理の量、全体的な価格、雰囲気。気軽に楽しめるせんべろ紹興酒のお店としてはポイント高めの4.7点!

今回のせんべろ紹興酒店 詳細

蜀郷閣 (御徒町/中華料理)

店名 蜀郷閣 (シュコウカク) ジャンル 中華料理、四川料理 予約・ お問い合わせ 03-6240-1788 予約可否 住所 東京都 台東区 上野 3-27-7 2F 交通手段 御徒町駅から58m 営業時間・定休日 営業時間 11:30~24:00 定休日 日曜日 予算(口コミ集計) [夜] [昼] ~¥999 ¥1,000~¥1,999

■注文商品
・お通しなし
・紹興酒×2杯
・干し豆腐の和え物
・ラム舌とセロリの炒め物

■お会計
1470円