八-Hachi-のお知らせ

紹興酒を飲みながら、振り返る。

今日はすごくもやっとした日記になりそうです。最初に言っておきます(笑)自分の中でも答えのないことだからです。

さて、僕は一日の終わりに自宅近くにあるバーミヤンへ行って一日の締めをするのが好きです。

大好きな紹興酒を飲みながら、日記を書いたりして。

今日Twitterでこんなことを呟きました。

20代の頃、とあるベンチャー企業で働いていたときに、精神的に追い込まれて、精神科へ通うようになりました。「SAD(社会不安障害)」と診断され、薬の治療をしました。でもあまり効果はなくて、カウンセリングに通いました。いろいろなカウンセリングを受けましたが、最終的にとても素敵なカウンセラーさんと出会い、その方にとっても救われて、今があります。

もうだいぶ会ってないな。今度会いにいこう。

なぜこんな話を今更するのか。

自分の中の変化を感じているからです。それを大事にしたいし、もしかしたらこれが何かの始まりになるんじゃないか、と思ったのです。

今までこの話は、本当に親しい人にしか話していませんでした。何か悪いことのように感じていて。恥ずかしくもあったし、言ったところで周りは反応に困るだろうなとも思っていて。

会社を辞めてから、自分に何ができるのだろうとよく考えています。38歳にもなって、まだそんなことで悩んでいるのか、という声もありそうで怖いのですが、現実そうなので仕方ありません。

でも、ようやく僕は、実感できています。

人生、楽しんでいいんだな、と。

人生に悩む若者にはスポットがあたりやすい。でも、僕ぐらいの歳になると、自立しているのが当たり前みたいな雰囲気があるし、実際そうでないといけないのだろうけど、僕のように苦しんできた人もいるんじゃないかなと思います。今も苦しんでいる人もいるのだと思います。

ほんと、一緒に乾杯したい 笑

程度の差はあると思います。僕は軽度だったのかもしれない。でも、29歳で初めて飲食業に飛び込んで、毎年仕事を変えていたスタイルから、9年同じ会社で働いたのは初めてのことです。結婚して守るものができた、というのが大きいかもしれません。

まだまだこれからだろ、と。アラフォーがなんだ、と。周りから見て遅すぎるとしても、自分の人生は今しかない。比較して凹むぐらいならさっさと次に向かって動いていく。

自分に自信がないのでしょう。まだ。こうして語って発信しないと、固まらない。こういう発信もどこかに繋げていく。

結局自分に向けての発信かもしれない。こういう自己満の場です。こう言ったらこう思われるからやめておこう、と思っていました。でも、こうして発信できたことは、少し変わってきているのだなと思っています。そしてそれがとても自分にとって大事なことだと思っています。

ほらね。もやっとしてるでしょ(笑)