八-Hachi-のお知らせ

【酒会】黄酒の歴史と台湾ストリートフード開催!atフジコミュニケーション<前編>

開催にいたるまで

28日は久しぶりに会を主催する側に回って、紹興酒やその他黄酒について語ってきました!

黄酒と台湾料理っていう組み合わせがとても珍しいし、貴重だなと思います。両国が交わることはあまりない。日本でもないような?日本だからこそできたことなのかなとも思っています。もしかしてさらっと結構すごいことやったんじゃないかなと思っています。

きっかけはこの御方。

以前、黄酒の会にご参加頂き、とても感動して頂いて、その後「ちゃんと説明を聞きながら食事を楽しんでみたいなあ」と思ってくれていたようです。素直に嬉しいです!

今回の会場はこちら。

フジコミュニケーションさんは行ったことが無かったので、1月に食事をしにいってきました。

江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真1です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真2です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真3です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真4です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真5です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真6です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真7です。 江戸川橋の中華料理店「Fuji Communication」の料理や紹興酒の写真8です。

いろいろな餃子が楽しめたり、台湾原住民族「タイヤル族」の村でしか採れない「馬告(マーガオ)」を使用していたり、インテリアも現地感のある雰囲気で、美味しい+楽しかったです!!

このお店を開いた店主の近藤さんと斉藤さんはなんと、飲食業未経験らしい!!!こういう勇気はとても刺激を受けますね。昨日耳に挟んだのですが

台湾だと料理未経験の人がお店を出しているから自分たちもやれる

と思ったようです。それでも実際行動に出せるのは凄いことですね。覚悟がすごい。

前もってラインを通じて打ち合わせを何度も重ねて。まぁ僕はほとんど何もしていませんが(笑)旧正月をお祝いするイベントだったので紅包を用意しようと自作で作ってきてくれたり、料理や酒以外にも楽しめるポイントを作って頂けて、より盛り上がったと思います。

どんな人たちが参加した?

参加者は25名(キャンセルありで当日は23名)。黄酒の会で人を集めるのって結構大変なのですがさくっと集まったのはお店の人気と主催のkeikoさんの人徳ですね。しかも、ほぼ女性!台湾好きな人って女性が多いイメージ。まさにそれを実感した日。

大皿料理をみなさんでつまんで頂くようなスタイルでした。みんなで和気あいあい!カジュアルスタイルで楽しんで頂けたのかなと思います。僕が関わる会はいつもそんな感じです。

自分で会を何度か主催していた身として、とても思ったことがありました。それは、今回ご参加のみなさん、めちゃくちゃ明るい!最初って結構緊張したような雰囲気が流れていたりするのですが、今回それが全くなかったんです。すごく話しやすい雰囲気。

まだぽつりぽつりと人が集まっていた時間。奥の男性が遠くから話しかけてくれたり、お一人ずつで相席になった方々が自発的に話してくれたりしたのがよかったのかなと思います。とても救われました。本当は僕の方から創ってけなければいけないのですが。。

今まで黄酒の会にご参加頂いた方々も来てくれて。顔を見ると安心するんですよねーー!いつもありがとうございます。「どんちゃん!」「どんちゃん!」「門倉さん!」って呼んでもらえるだけで心がほっとしておりました。

こういう会って、紹興酒が好きという方はもちろんいるのですが、どちらかというと

「普段はワインを飲んでいます」

「ビールが好き!」

「いつもは日本酒ですね〜」

という方が多いんです。お酒好きが集まるということ。黄酒はまだ認知度が低いせいか、ある程度自分の好きなお酒のジャンルに精通し始めた方が次のターゲットとして興味をもって頂いている、という印象があります。

なので、酒通の方が多いんです。

そして、みな酒豪(笑)

昨日も、飲み放題用にしていた紹興酒が完売するという事態に。。。焦りました。。。他のお酒が残っていたのでそれに救われました。それも無くなりそうでしたけど。。。

今回の黄酒は合計で8種。ラインアップは悩みましたが以下の通りにしました。

・・・と紹介しようと思いましたが長くなりそうなのでそれは後編で!