ぶらり、白酒探訪。

ぶらり白酒探訪1『虎萬金』〜中国人夫婦が営む家庭的な中華料理店で白酒を満喫〜

※2020年6月6日更新

以前アップしたことのあるお店さんなのですが、今回は白酒好きな方と訪問!ということで、「ぶらり白酒探訪」企画スタートです(笑)

白酒ってグラスで数種類も飲める場所がとても少ないです。「どうせ出ないから」と置かないお店さんが多いんです。置いていても、蓋を開けてそのまま数ヶ月放置、ということも少なくありません。なのでボトルオンリーでメニューに掲載されていることが多いですね。

そういう中で、「虎萬金」は4種の白酒がグラスで楽しめる貴重な場所!今回は写真や料理をそれほど撮っていないのですが、記録としてまとめておきます。

 

今回訪問したお店『虎萬金』(中央林間)

中央林間にある中華料理店「虎萬金」の外観写真1枚目です。 中央林間にある中華料理店「虎萬金」の外観写真2枚目です。

中央林間駅から歩いて10分弱。住宅街へと入っていくであろう道の入り口あたりにあります。

↓紹興酒せんべろマップ作ってます!

 

中国人夫婦が営むあたたかい中華料理店

「コンニチハ〜〜〜♪」

元気なママさんのお出迎え。久しぶりの再会。冬以来ですね。コロナが流行前に来て以来。ちなみに前回記事はこちら。

https://ba-hachi.com/2020/03/07/senbero_23/

 

今回一緒に行った方は家族でもよく来るようで、料理はおまかせにしている、とのことなので、おまかせでお願いしました。

まずは、「ピータン豆腐」。

中央林間にある中華料理店「虎萬金」の料理写真1枚目です。

シンプルですがピータンは結構大きめなカットなので同じぐらいの豆腐と一緒に口へほうばります。最初は青島ビール!この色合いが好きです。夏は特に、よりおいしそうに見えますよね!そそられます。

 

海老のあんかけ
中央林間にある中華料理店「虎萬金」の料理写真2枚目です。

口の中がいっぱいになるぷりぷりの海老。クワイもおります。あの独特な食感、クセになる。

 

揚げ魚のあんかけ
中央林間にある中華料理店「虎萬金」の料理写真3枚目です。

豪華!味は見た目とは裏腹にそれほど強くなく、白身魚の風味と弾力がしっかり堪能できます。美味!

 

中央林間にある中華料理店「虎萬金」の白酒の写真です。

白酒の種類は4種類。汾酒(山西省)、孔府家酒(山東省)、牛栏二锅头(北京)、二锅头(北京)。

写真だと量が減っていますが、グラスの7割ぐらいまでは入れてくれます。

前は孔府が結構好きだったのですが、飲んだら少し物足りなく感じるようになっていました。度数が低いせいか(とはいえ39度)、厚みがないというか、軽すぎる。家で白酒を飲んで感覚が変わったようです。激しさを求めるようになったのか。

牛栏二锅头が一番好みでした。何回かおかわりしました。というか、この日はかなり飲みましたね。ママさんから「スゴイネ!!ダイジョウブ!?」と心配されたほど(笑)

 

帰り、1人でシメラーメンしてしまいまして、なんとそこで紹興酒と出会いました!ラーメン屋さんに紹興酒って珍しいですよね!そういえば紹興酒飲んでないなと思って、つい注文してしまいました(笑)最高の夜でしたー!!

中央林間のラーメン店で食べたラーメンと紹興酒の写真です。

まとめ

白酒がグラスで楽しめる貴重なお店。料理も本場中国の人が作る優しい中華料理。心がほっこりするママさんのキャラクター、広々として賑やかに飾られたインテリア。東京アラートも出て飲食店での食事がしづらい空気感が漂っていますが、こういう素敵なお店さんは潰れてほしくないので、対策しつつお店へ行こうと思っています。