紹興酒log.

紹興酒log.13『黄中皇10年』初心者から通まで幅広く愛される紹興酒

紹興酒録13『黄中皇10年』初心者から通まで幅広く愛される紹興酒

干杯!donです。

日本国内で飲んだ紹興酒をレポートしております。「紹興酒気になるけど何を買っていいかわからない・・・」という方はぜひご参考ください!

執筆者紹介 don

中華郷土料理店に10年勤務。黄酒専門店を4年運営。店舗向けに黄酒講座なども開催した経験あり。紹興酒の産地へ訪問したり中国酒関連の書籍を読み情報を収集。中国酒専門blog「八-Hachi-」やYouTube「毎天干杯!」で中国酒情報を発信している。

13本目は「黄中皇10年(ファンジョンファン)」です。

長い歴史を持つ古参紹興酒蔵「中粮酒業」の代表ブランド。ボトルごとのブレはあるものの、甘・酸・渋のバランスが素晴らしく、多くの紹興酒好きを魅了してきた紹興酒といえます。

まとめます。

▼前回はこちら

紹興酒録12『越王台8年』〜ノンカラメルのように爽快なのに旨味しっかり〜
紹興酒log.12『越王台8年』〜ノンカラメルのように爽快なのに旨味しっかり〜日本で呑める紹興酒レポート12本目は「越王台8年」です。日本全国の中華料理店でも親しまれているだけあってスッキリとしていながら旨味がベースにあって単品でも楽しめる紹興酒と言えます。色味もノンカラメルのようにクリア。個人的におすすめの紹興酒です。...

紹興酒『黄中皇10年』の詳細情報やメーカーについて紹介!

紹興酒『黄中皇10年』の詳細情報やメーカーについて紹介!

黄中皇10年の原料やアルコール度数、酒蔵の情報をまとめてみました!

酒DATA

  • 原料:もち米、麦曲、鉴湖水
  • 度数:14.5度
  • 型:半干型

酒蔵紹介「中粮紹興酒有限公司」の概要

中粮紹興酒有限公司の前身は、70年の歴史をもつ绍兴鉴湖酿酒厂。創立当初は国営の紹興酒メーカーでしたがその後いくつかの民間企業に分散しました。中粮紹興酒有限公司はその分散した先のひとつで、79年に総合食品企業グループ「中粮集団」が吸収。グループ内きっての紹興酒醸造部隊として生まれ変わり、現在に至ります。別名は中粮孔乙己酒业有限公司。古来の手造り製法を重んじる中で得た独自の黄金比率を用いながら、本来の紹興酒の味を追い求めてきた古参紹興酒メーカーのひとつです。

代表ブランドである「黄中皇(ファンジョンファン)」は日本全国の中華料理店へ流通。ミシュランを獲得した中華レストランのみならず、家庭的な個人経営のお店でも愛され、多くの紹興酒ファンを魅了しています。

近年ではもうひとつの代表ブランド「孔乙己(コンイージー)」の拡大に特に注力しています。25年物は2018年に開催された青島サミットの指定酒に認定されるなどその認知度と支持を広めています。

現在親会社として梶をとる「中粮酒业」は、黄酒造りだけでなく、湖南省の銘白酒である「酒鬼(ジョウグイ)」を買収。中国各地の生産拠点にてワインの生産にも力を注いだり、など、時代のニーズに沿って伝統と革新のバランスを重んじた活動に励んでいます。

中粮紹興酒有限公司の特徴

紹興の文豪「魯迅」の小説を活用したマーケティング手法

「孔乙己」は紹興出身の作家「魯迅」が描いた小説のタイトルでもあり、毎晩、紹興酒を求めて酒屋へ赴く主人公の名前でもあります。中粮紹興酒はこの「孔乙己=紹興酒」という定着したイメージを巧みに活用したマーケティングを繰り広げています。例えば、通常の紹興酒の原料である糯米を使用せず、うるち米を使用してすっきりと飲みやすい味わいを実現。若年層の支持を広げるべく「茴子酒」として新銘柄を販売したりと黄酒市場拡大に積極的です。

原酒110万甕は業界トップクラスの貯蔵量

長期熟成が重要な工程のひとつでもある紹興酒。十年以上の酒を商品化・流通するためには、長きに渡る酒蔵運営の歴史が必要です。前身の绍兴鉴湖酿酒厂から歩みのある中粮紹興酒は、その原酒の貯蓄量が110万甕と業界内でもトップクラスを誇ります。この原酒を元に、中粮紹興酒独自のブレンドを経て、新たな紹興酒が生まれていくのです。

14の伝統工程を重んじ古来の紹興酒を追求

中粮紹興酒は紹興に伝わる王道製法「14工道」を遵守する伝統メーカーのひとつです。長年に渡る経験から独自の黄金比率を解明し、古来の味を実現しています。その純粋で奥深い味わいは国内外共に評価が高く、日本でも多くの中華料理業界人や他ジャンルの一流シェフの舌を唸らせています。

紹興酒「黄中皇10年」の風味やおすすめの飲み方

紹興酒「黄中皇10年」の風味やおすすめの飲み方

紹興酒好きからも好評な黄中皇10年を、僕の主観でレポートしてみました!

薄すぎず、濃すぎず、いい塩梅の褐色。

香り

後日記述します

味わい

王道の紹興酒らしさを感じさせながら、爽快感ある心地よい味の広がりと後味。古参酒蔵の歴史深い味わいが楽しめます。

おすすめの飲み方

常温もしくはぬるめの燗がおすすめです。

こんな人におすすめ!

初心者
「紹興酒はじめて!」
★★★★☆
中級者
「お店に行ったら飲む!」
★★★★★
上級者
「家でも結構飲むよ!」
★★★★★

おすすめの飲み方

常温 ★★★★★
冷酒 ★★★☆☆
ロック ★★☆☆☆
★★★★☆
ソーダ割 ★★☆☆☆

味わい六味ステータス

★★★☆☆
★★★☆☆
★★☆☆☆
★★★☆☆
★★★★☆
★★★☆☆

黄中皇10年の購入場所

黄酒専門WEBショップ「酒中旨仙」にて購入。(▼画像からHPへ飛べます)

紹興酒が購入できる黄酒専門店「酒中旨仙」のHP画面です。

▼こちらからも購入可能です!

まとめ

多くの紹興酒好きを魅了してきた黄中皇10年。ボトルデザインも古風でお洒落な中国酒を上手に表現されている感じで、ホームパーティにピッタリですね。料理にも合わせやすい味わいです。ご興味のある方はぜひお試しください!

日本では5年・20年も流通しており、こちらも美味しいと好評な紹興酒なので、飲んだらlogしていきます!

その他の「紹興酒log.」一覧はこちらです。

日本で飲める紹興酒を記録した「紹興酒log.」のバナーです