中国酒情報まとめ

白酒や紹興酒など中国酒のショッピングができる場所を紹介!<中華の街「上野アメ横」編>

紹興酒や白酒の品揃えが豊富な上野駅にあるアメ横の中華食材店のアイキャッチ画像です。

紹興酒などの中国地酒「黄酒(ファンジョウ)」や高粱(コウリャン)を原料とした蒸留酒「白酒(バイチュウ)」は、コンビニやスーパーなどにはあまり置いていません。あっても紹興酒が1種類。2種類以上あれば、品揃えが豊富といってもいいぐらいです。

そこで、中国酒の品揃えが豊富な場所を紹介いたします。今回は、中華の街ともいえる「上野アメ横」です!

まるで中国本場のような雰囲気が漂うアメ横センタービルの地下に、国内随一の中国酒を取り揃えたお店があるのです。

歩くだけでも楽しい!アメ横の地下にあるアジアン食材ストリート

紹興酒や白酒の品揃えがいい場所として上野にある「アメ横」の写真です。

初めての方は少しわかりづらいかもしれません。最寄り駅は御徒町駅です。北口からアメ横を歩いていきます。左側に上記のような地下へ降りる入り口があるのです。

紹興酒や白酒の品揃えがいい場所として上野にある「アメ横」の入り口周辺の写真です。 紹興酒や白酒の品揃えがいい場所として上野にある「アメ横」の風景写真です。

この下の写真をよく見ていただくと、真ん中やや上あたりに「食品街入口」とあります。結構見逃しやすいかもしれません。要注意。

紹興酒や白酒の品揃えがいい場所として上野にある「アメ横」の中華食材店への入り口風景です。 紹興酒や白酒の品揃えがいい場所として上野にある「アメ横」の地下1階への階段を降りているときの写真です。 上野のアメ横にある地下食品街への入り口です。

写真にはないのですが、階段を降りる前の入り口になぜか昆虫の自動販売機があります(笑)

まるで異国の地!中国現地へ行ったかのようなディープな雰囲気

上野アメ横にある地下食品街の風景写真です。

まず匂いが好き嫌い分かれるかもしれません。中国の市場へいくと肉やら野菜やら香辛料やら発酵臭やらで多彩な香りがするのですが、ここも同様です。まるで現地!

「ちょっと嫌だなぁ・・・」と心配される方、大丈夫です。中国酒の品揃えが豊富なお店は階段を降りてすぐの場所にあるからです。

国内最大級の中国酒ラインナップ!その店名は「海羽」

上野アメ横の地下食品街にある中華食材店「海羽」の風景写真です。

中国酒が置いてある場所は、手前ではなく奥側です。そこに紹興酒や白酒がずらりと並んでいます。

料理用の紹興酒もあります。

海羽に並ぶ紹興酒や白酒が陳列されている棚の写真です。

ここが面白いのは、たまに普段見たこともないような中国酒があるところです!

前に購入した紹興酒がとっても美味しくて、再び買いに行ったらそれ以来見た試しがありません。きっと、スポットで少数仕入れたものだったのでしょう。あれは悔やまれる・・・

ちなみにこの紹興酒です。とってもフルーティで美味しかったのです!どなたかご存知な方、いらっしゃいませんか。。。

この日購入したのは四川の白酒「瀘州老窖(泸州老窖)ルージョウラオジャオ」

瀘州老窖(泸州老窖)ルージョウラオジャオ
四川省の白酒で濃香型の中でも王道タイプの風味。個人的にも好きな白酒のひとつ。写真のものは二曲といってランクでいうと次点のもの。最もいいものは「特曲」といい、価格は数倍する。違いは、味、香りなど20項目ほどある評価基準の点数によってランク付けするらしい。白酒の歴史は数百年というそれほど長くはない中で、最も古い窖(発酵させる穴蔵のようなもの)は400年の歴史があるという。

白酒も面白いお酒なのですがあまり見向きされていないのが寂しいところです。中国でつらい思いをされた方が多いし、確かにこの強烈さは他のお酒にはないレベルです。

ただ、SNS非公開の白酒会があったり、僕も前職で白酒の会を開催したときに20名ほど集まったりと、興味のある人はいるんです!ちゃんと味わって飲めば美味しさもわかってくるはず!

国内で他に白酒を入手するとしたら、横浜の中華街だったり、池袋や大久保あたりにもありますのでそれはまた改めて紹介します!中国酒が欲しくなったらぜひ行ってみてください!

 

購入した紹興酒については「紹興酒マイリスト」に記録しています!
紹興酒マイリスト5『醉美玉液20年』〜完熟蜜柑のような稀少善醸酒〜